夏も近づいてきた為蒸し暑い夜が続いてますね。
そのような時は暑さの影響により寝付きが悪かったり、
朝起きてもスッキリしていないことがあったりしますよね。

睡眠不足になると自律神経が乱れ疲れが取れないのに加え、
知らないうちに頭皮や髪の毛にも影響がでる場合がございます。

基本的に人は末端から何事も問題が出てくる場合が多いです。
それにより生命に関わる危険のない末端の頭皮や髪から影響が出てくることが多いのです。
頭皮の代謝や血行が悪くなり、薄毛や抜け毛など発毛不良の状態に陥りやすくなっていくのです。

対策として毎日決まった時間に4時間以上寝ること。
生活サイクルを習慣化させ、副交感神経の時間を体に覚えさせることで、
より深い眠りにつきやすくなります。
もし4時間ほどの睡眠時間が取れない場合、
短時間でも熟睡することが大切です。
寝る時間帯が大事だと言われていますが、それよりも眠りの深さ、質を重視しましょう。

眠りの深さ、質を上げるためには
ご自身の生活リズムを見直し
少しずつ取り入れてみてください。